自分の応援団になるために心の目で見て、何かを学ぶ事

タイトルのテーマで、昔、創作した、 「ならないピアノ」という、朗読とピアノ即興演奏の シナリオを、書いておきます。 「ならないピアノ」 ある日のこと、典子は、先生のところで、 ピアノを弾いていました。 その日、典子は、先生とは、一言も口をきかず、 手はひざの上に置いたきりで、ただ、じっと 座っているだけでした。 …
コメント:0

続きを読むread more