コロナワクチンで重症化するADEの問題

「コロナのワクチンは、重症化することも、
ごくわずかだがある」
との情報を見て、週刊誌やネットの検索で、
調べてみましたが、医療は、素人オバサンなので、
うっかりしたことは、書けないです。

客観的な事実だけ、書いてみます。

安倍首相は、今月、
「早ければ、年内には(ワクチンを)接種できるように
なるかもしれない」と、語ったそうです。

ただし、抗体依存症感染増強(ADE)という
弊害が、ワクチンの重大なリスクとして、
専門家から、問題視されていて、
この問題を、知りたい方は、
「抗体依存症感染増強」「ADE」で、
ネットで検索して、調べても良いと思います。

結局、ADEとは、本来は、ウイルスから、
体を守るはずの抗体が、逆に細胞への感染を、
促進して、重症化を引き起こしてしまう
現象だそうです。

SARSや、MERSは、同じコロナウイルスが、
病原体だそうですが、ワクチンの動物実験で、
ADEが確認されて、ワクチンの開発は、
断念されたそうです。

結局、今のところ、ADEのメカニズムは、
解明されていないそうです。

SARSや、MERSのように、ワクチンは、
断念しても、他の対策で終息すれば良いけど、
真夏の紫外線にもめげずに、世界中に、コロナの感染が
拡大していくとなると、
医療崩壊や、倒産増の経済崩壊のリスクを考慮して、
通常なら、何年もかけて、慎重に、安全性と効果の確認を
行っているのに、たかだか1年で、
「早ければ、年内に接種できるかもしれない」
と、安倍首相は、言っているわけです。

通常は、ワクチンの開発は、10年は、かかるそうで、
最前線で、ワクチン開発に携わる専門家は、
「せめて、3年は欲しいけど、そうも言っていられない」
との談です。

巷の意見として多いのは、
「なにがなんでも、東京五輪を開催したいからと、
短期で開発した、安全性に不安がある、
ワクチンの使用を、積極的にやるのは止めてほしい」
です。

私も、激しく同感です。

東京五輪を、ごり押しで開催すると、世界中から、
日本に来ます。
東京五輪は、延期か、中止で良いと、個人的に
思います。

現実には、子宮頸がんのワクチンで、死亡もあるし、
ワクチンの死亡事故を、調べてみると、
他に、いろいろ出てくると思います。

急ぎの開発で、安全性が不安なワクチンですが、
最初に、使用されるのは、クラスターの起きやすい
職場で、働いている人達。

例えば、病院職員とか、介護施設勤務の方達と
いうのが、専門家の予想です。

あまりに、残酷な現実に、私は、どよーんと、
落ち込みました。

医療も、介護も、人の命や生存権を支える、
大切な職業で、その人たちが、安全性に不安が残る
ワクチンを、先に使用させられる事を考えると、
暗澹たる気持ちです。

義父母の介護の時に、私は、たくさんの看護師さんや、
医師や、介護職の方に、お世話になり、
感謝しています。

特に、誠実に、実直に、介護していただき、
義父母の心の支えになった、A氏を思い出すと、
ますます、落ち込みました。

私は、A氏とのかかわりで、元気になった、
義父母を見て、「介護職も良いものだ」と思って、
ヘルパー2級を取りました。

素人オバサンの感情論かもしれないけど、
「人の命より、金の力が優先する、社会の構図に、
人の命を支える介護職や、医療職の人たちが、
犠牲者になっている」と思ったのです。

過去のワクチンの投与で、死亡した率は、
たしかに、ごく少数です。
でも、少数でも、かけがえのない命が失われたという、
重い現実が、あるのですよね。

コロナ患者を受けれた病院は、経営が悪化するそうです。
また、看護師で働く人達も、子供を保育園に
預けたくても、断られるそうです。

シビアな現実では、コロナで離職する人も多く、
とくに、ボーナスが出た後の離職が、多いそうです。

金の力が支配する、シビアな、過酷な現実の前で、
私は、落ち込むだけです。

あさげピアノハウス


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント